中国式四柱推命とは

中国式四柱推命とは

本来は八字(はちじ)、子平(しへい)という呼び方が一般的ですが、分かりやすいように中国式四柱推命としています。流派は透派です。
日本式の四柱推命とは鑑定方法が若干違い、十二運や神殺、空亡(天中殺や大殺界と同じようなもの)は使用いたしません。
命式の天干に出ている五行の干関係を重視し、格局を決め、十干・干支それぞれの喜神・忌神を割り出して鑑定していきます。

「この年は空亡だから悪い年」といったざっくりとした鑑定ではなく、その人にとってその年が喜神なのか忌神なのかを丁寧に割り出し、その人だけの運気の流れを読み解いていきます。

生まれた年・月・日・時間から鑑定していきます

中国式四柱推命では、生まれた年・月・日だけでなく、生まれた時間、そして生まれた場所を使って鑑定していきます。
(現在住んでいる場所ではなく、生まれた場所になります。詳しい住所は必要ありません。生まれた市町村名まで分かれば大丈夫です。例:京都府京都市)

 

もともと四柱推命の「四柱」とは、「年」「月」「日」「時間」の4つを指します。
つまり、この4つを使ってはじめて「四柱推命(八字、子平)」となります。

(↑四柱推命は、上記のような「命式」を使って鑑定していきます。年~時まで「干」と「支」それぞれ1つずつ、合計8つの文字が並んでいます。「八字(はちじ)」という名前の由来はここから来ています。)

時々、年・月・日の三柱だけを使って四柱推命の鑑定をされている方がいらっしゃいますが、三柱だけでは正しい鑑定は出来ません。
そもそもそれでは柱推命であって柱推命ではありません。


(↑これでは完全な命式とは言えません。正しい鑑定が出来なくなります。)

「生まれた時間」が無いだけで命式が変わってしまう場合もありますし、喜神・忌神が全くの真逆になってしまう場合もあります。

「前に四柱推命で鑑定してもらったことがあるけれど、あまり当たっていなかったなぁ」

という方がいらっしゃいましたら、もしかすると四柱推命ではなく三柱推命で鑑定されたのかもしれません。
中国式四柱推命では、生まれた時間まで考慮し、より精度の高い鑑定をすることが出来ます。

通変星について

四柱推命に少し詳しい方ならば、通変星についてご存じの方もいらっしゃると思います。
たとえば、命式に劫財(ごうざい)や傷官(しょうかん)、偏印(へんいん)があると悪い、食神(しょくじん)や正財(せいざい)、印綬(いんじゅ)があると良い、といったイメージです。

けれど、中国式四柱推命では、このような読み方はいたしません。

劫財でも、良い劫財の場合もありますし、食神でも悪い食神の場合があります。
命式にそれらがあるから良い・悪いといった単純な鑑定はいたしません。

その人にとってその通変星が良いのか(喜神)悪いのか(忌神)をきちんと鑑定し、それらをどう活かせば良いのか、どの時期に良くなるのか、悪くなるのかなどを丁寧に鑑定していきます。

空亡について

通変星と同様に、四柱推命に少し詳しい方ならば「空亡(くうぼう)」という言葉もご存じだと思います。

12年のうちの2年間、この「空亡」と呼ばれる時期があり、空亡の時期はあまり良い時期ではなく、結婚や事業を始めるなどをすると上手く行かない、などと言われています。

先にも書きましたが、中国式四柱推命では、この「空亡」は使いません。全く考慮いたしません。
なぜならば、「空亡」と呼ばれる時期でも「良い運気の人」もいれば「悪い運気の人」もいるからです。
「空亡だから悪い時期」とはならないんです。

人によって、運気の流れは本当に様々です。
なのに、空亡の時期になると、空亡の人は全員もれなく運気が下がる、良くないことが起こる、というのは、あまりにも現実味がありません。

空亡をやみくもに恐れるのではなく、本当に良い時期・本当に悪い時期をきちんと見極め、自分だけの運気の流れをしっかりと知ることが大切です。

中国式四柱推命では、お一人お一人丁寧に鑑定し、その人だけの運気の流れをしっかりと読み解いていきます。

 

中国式四柱推命メール鑑定はこちらからどうぞ

中国式四柱推命メール鑑定
中国式四柱推命鑑定を承ります。 (本来は八字(はちじ)、子平(しへい)という呼び方が一般的ですが、分かりやすいように中国式四柱推命としています) 中国式四柱推命メール鑑定のメニューは下記の通りです。 基本の鑑定コース 特...

 

何か分からないことがありましたら、こちらのメールフォームよりお問合せ下さい。